山下湯金の関西お風呂日記

大阪在住、銭湯や温泉に週5で通う山下湯金のお風呂記録。たまに投資の話も。

大阪で天然温泉を楽しめる5つの銭湯に入浴してまとめてみた。

週5で銭湯に通っている大阪在住の山下湯金です。

旅行では必ず温泉に行くほど、温泉好きでもある私にとって最高なスポットは、

「銭湯なのに天然温泉が楽しめるお風呂」

で間違いないです。

 

温泉不毛の地である大阪ですが、実はわりと温泉はあります。

(自然に湧き出している温泉ではなく、現代文明の技術で無理やり掘り当てたものがほとんどですが…)

しかし、そのほとんどがスーパー銭湯。入浴料金だけで700円以上するので、気軽には行けないです。

 

そんな大阪ですが、銭湯料金(440円)で天然温泉が楽しめる銭湯が5つあります。

朝潮橋駅と大阪港駅の中間地点にあるテルメ龍宮、鴫野駅から徒歩5分の華厳温泉、近鉄矢田駅から徒歩9分のふれ愛温泉矢田、阪堺電車の神明町駅から徒歩3分のトキワ温泉、貝塚市にある水間鉄道清児駅から徒歩6分の清児の湯

そして、天然温泉ではありませんが、海水をくみ上げて濾過・加温後している湊潮湯(南海電鉄 湊駅徒歩4分)という銭湯もついでに紹介しますね。

おまけとして、テルメ龍宮の温泉を輸送して使っている天王寺の湯処 あべの橋も紹介します。

 

テルメ龍宮

天然温泉テルメ龍宮topページ

 

f:id:yamashitagolden:20170129225342p:plain

ここは私だけでなく、多くの大阪銭湯ファンがイチオシしている銭湯です。

天然温泉が楽しめるだけでなく、設備の充実度も高いんです。

ただ、中央線の朝潮橋駅と大阪港駅の中間地点にあるので、どちらの駅からも徒歩10分くらいかかるという立地条件が玉にキズ。

f:id:yamashitagolden:20170129225618p:plain

f:id:yamashitagolden:20170129225612p:plain

 

テルメ龍宮の温泉は、地下1500メートルより毎分293リッ トルを汲み上げており、源泉温度が54℃もあるナトリウム塩化物泉です。

蒸発残留物13g/kgと濃厚で、鉄が含まれているので金属臭がしますし、炭酸ガスも含まれています。

露天風呂に関しては、塩素消毒・循環濾過・加水・加温は一切行っていません。

今回紹介する温泉銭湯の中で、一番天然温泉感があります。

ロビーに貼ってある温泉分析書を貼っときますね。

 

f:id:yamashitagolden:20170129225836p:plain

 

設備もすごいんですよね。

2階建てなんですけど、1階と地下の両方にお風呂ががあります。

地下にお風呂があるってすごくないですか?

ちなみに2階は軽食コーナーになってます。

 

サウナは別料金100円(バスタオル必須、バスタオルセットは200円)が必要ですが、無料のスチームサウナがあります。

酸素濃度が通常の倍である40%という酸素スチームサウナなのですが、その効果はよくわかりません(笑)私は普通のスチームサウナとして使ってます。

 

 

温浴設備はこんな感じです。

1階は露天風呂(浅湯と寝湯)、ミニ岩風呂(温泉)、主浴槽(深と浅、どちらも温泉)、電気風呂(白湯)水風呂(真水)、サウナ(有料)、酸素スチームサウナ。

地下風呂はジェットバス(座り、温泉)、ジェットバス(座と寝、白湯)、水風呂(真水)。

1階と地下の両方に洗い場とテレビがあります。

 

露天風呂では43℃くらいになった源泉が湧き出しており、そのままかけ流されています。

源泉に近い浅めの浴槽と、源泉から離れた寝湯に分かれており、浅浴槽の方が41℃くらいの温度になってます。金属臭がハッキリする温泉なので、源泉近くで入りながら香りを楽しむことをオススメします。

内風呂と地下風呂の温泉は、塩素消毒して循環させているので金属臭が弱まり、かなり塩素の臭いがします。塩素消毒の有無でここまで香りが変わるのか、と実感できるので温泉初心者にもオススメ。

 

風呂上がりは2階に上がればゆっくりできるところがあるようですが、2階は軽食コーナーなので何か注文する必要があります。

1階のロビーにも長椅子がありますが、2人しか座れないのでゆっくりするのはあきらめましょう。

 

華厳温泉

次は京橋駅から東に一駅(JR or 地下鉄)行ったところにある鴫野駅から徒歩5分の温泉銭湯です。

fudouyu.com

 

f:id:yamashitagolden:20170129231753p:plain

f:id:yamashitagolden:20170129231737p:plain

ここは銭湯の設備的には凄くありません。

細長い浅浴槽(ジェットバス付)、水風呂、電気風呂、露天風呂のみ。

露天風呂が36℃くらいの源泉(毎分135リットル)を使用しており、ぬるめで長湯が出来ます。塩素消毒はしておりませんが、湯底から熱いお湯が出ていたので、加温循環して36℃くらいを保ってますね。

内湯の浅浴槽は塩素消毒した温泉を使用しており、42℃くらいまで加温して、循環させています。

 

温泉の泉質としては、かなり薄いです。特徴あんまりありません。

湯の花浮いてるとの注意書きがありますが、ほとんど浮いてないですし、臭いもしません。わずかに硫化水素臭がする程度。

pH7.8の弱アルカリ性温泉ですが、ヌルヌル感はもちろんなし。

一応湯船に色々成分が析出しているのは確認できましたので、何らかの成分が溶け込んだ温泉なのは間違いないのですが、蒸発残留物1.3g/kgと、かなり薄い温泉です。

 

他のサイトのクチコミを見ると、入る時期によって温泉濃度が変わるとの口コミや、温泉が復活してきた!みたいなクチコミも。

自分が行った時にが薄かっただけなのでしょうか?

また行ったときに追記します。

 

 ですが華厳温泉はサービスがかなり優れています。

 入浴者はハンドタオル1枚無料貸し出しで、シャンプーリンスボディーソープは備え付け。

3800円で10枚の回数券も販売しているので、近くに住んでいる人にはありがたいですね。

アクセスとサービスがいいので、気軽に行ける都市温泉として楽しまれてはいかがでしょうか。

 ロビーも広くて、ゆっくりできますよ。

f:id:yamashitagolden:20170129231742p:plain

 

ふれ愛温泉矢田

 次は近鉄の矢田駅から徒歩9分の「ふれ愛温泉矢田」です。

f:id:yamashitagolden:20170129233120p:plain

結構大きい施設で、足湯と食堂もあります。

f:id:yamashitagolden:20170129232958p:plain

f:id:yamashitagolden:20170129233141p:plain

奥に進むと券売機があるので、入浴券を買って番台さんに渡して脱衣所へ。

f:id:yamashitagolden:20170129233114p:plain

お風呂ですが、温泉主浴槽(ジェットバス付き)、白湯風呂、電気風呂、水風呂、サウナ(100円)、温泉露天風呂、というシンプルな設備です。

かなり広めな浴槽が特徴で、主浴槽は10人以上入れますし、露天風呂も5~6人は入れます。

熱めの主浴槽と適温の露天風呂となっており、湯温が分かれているので飽きずに楽しめます。脱衣所に冷水機が置いてあるのも良心的ですね。長湯の際は水分補給を忘れずにやりましょう。

 

では、温泉分析書を見ていきましょうか。

f:id:yamashitagolden:20170129233131p:plain

 

蒸発残留物0.35g/kgでpH7.9と、あんまり特徴のない薄め温泉。

かと思いきや、硫化水素臭のする若干緑がかった温泉で、かなり身体が温まります。

お湯はヌルヌル感がなく、風呂上りにお肌スベスベになる泉質ではありません。風呂上がりも皮膚表面にまとわりついて、湯冷めしにくく泉質です。

注意書きに、「温まりやすい泉質なので短めの入浴3回程度にとどめましょう」、と書いていますが、事実でした。

成分が薄い温泉でも、ちゃんとした温泉はあるのです。

f:id:yamashitagolden:20170129233019p:plain

 これを見ると、源泉温度も湧き出し量も文句なしです。

塩素消毒していると書いていますが、内湯だけで露天風呂はしてないと思います。

露天風呂は完全にオーバーフローで、塩素臭はしませんでした。

 

 ちょっとアクセスが悪いですが、ちゃんとした温泉なので入りに行く価値はあると思います。

蒸発残留物の多さが自分の中で温泉を測る指標だったのですが、薄くてもいい温泉がある、ということに気付かされる温泉でした。

 

源泉かけ流しトキワ温泉

 阪堺線の神明町から徒歩3分です。阪堺線は天王寺から乗れる、いわゆるチンチン電車ですね。

tokiwaonsen.jimdo.com

f:id:yamashitagolden:20170129234524j:plain

f:id:yamashitagolden:20170129234539p:plain

f:id:yamashitagolden:20170129234602p:plain

その名前の通り、源泉かけ流しを楽しめます。

弱アルカリ性の単純高温泉なのですが、浴室に入った瞬間硫黄の臭いが立ちこめます。

結構すごめの硫黄臭です。まさに温泉!って感じの。

洗い場のカランから出るお湯も温泉となっています。毎分575リットル湧き出しているので、贅沢に使ってるみたいです。

 

そんな温泉感あふれるいいお風呂なんですが、実は2回しか行ったことありません。地下から汲み上げている約45度の源泉をそのまま加水せずに使っていますので、メチャクチャお湯が熱いのです。

長湯が出来ないので、3回目はちょっと躊躇しています、、、

ですが温泉としていいのは間違いないです。

 

浴室は大きく2つに分かれていて、完全源泉掛け流しの3段風呂と、掛け流しと循環併用のジェットバス付き浴槽があります。そして水風呂も。

メインの三段風呂は、三段目から源泉がかけ流されており、下に行けば行くほどお湯が冷める、という仕組みになっていますが1番下でも43℃くらいはあります。熱いですね。

ジェットバス付きの浴槽は、まだ温度が低いです。こちらを上手く使えば長湯できるんですが、やはり源泉掛け流しの3段風呂を楽しみたい、って思っちゃうんですよね。結果として、すぐにのぼせる羽目に。

水風呂は1人しか入れないくらい狭いですが、うまく使って体を冷ましながら楽しみましょう。

 

 

清児の湯

www.eonet.ne.jp

ここはアクセスがかなり悪いです。

南海電車で貝塚駅まで行って、そこから水間鉄道に乗り換えて清児駅まで行く必要があります。更に清児駅から徒歩6分。

1年以上前に一度行ったことがあるだけで、写真も残っておらずうろ覚えですが紹介します。

 

まずいきなり言ってしまいますが、温泉の特徴はほとんどありません。

pH7.1の単純低張性温泉。色は若干緑がかっていますが、蒸発残留物は0.3/kg程度。

27℃の源泉を塩素消毒して加温循環しているので、金属臭とか鉱物臭はありません。

正直なところ、温泉としては微妙です。

 

ここのいいところはスーパー銭湯並の設備が揃っているところですね。

温泉を使用した露天風呂と内湯、充実したジェットバス・マッサージバス、水風呂と電気風呂はもちろん、追加料金なしで使える乾式サウナと塩サウナもあります。

もちろんシャンプーリンスボディーソープは備え付け。

漫画や雑誌が置いてあるロビーと食事処もあり、お風呂以外も充実です。

 

ここの露天風呂はかなり広くて開放的でオススメです。

公式サイトから引用してきた写真を載せときます。

f:id:yamashitagolden:20170130000109j:plain

 

昔はスーパー銭湯ともして入浴料金600円で運営していたようです。それを440円で楽しめるのですから最高ですね。

あまり温泉に期待しすぎずに、サービスと設備が優れた格安スーパー銭湯くらいの感覚で行きましょう。

 

 

湊潮湯

続きまして、天然温泉ではないものの、海から組み上げた海水を濾過し、温めて浴槽に給湯している湊潮湯をご紹介します。

南海電鉄の湊駅から徒歩4分くらいとアクセス良好です。

湊潮湯−トップページ−

f:id:yamashitagolden:20170130000638p:plain

f:id:yamashitagolden:20170130000649p:plain

f:id:yamashitagolden:20170130000657p:plain

もともとは、漁師さん向けの銭湯だったようです。冷えた体を温めるには潮湯がいいですからね。

この辺りには潮湯がたくさんあったそうですが、今では湊潮湯だけ。海水を使っているので、成分的にはナトリウムー塩化物温泉と言ってもいいでしょう。

 

湊潮湯の浴槽は、海水を使ったお風呂と、炭酸を溶け込ませた人工炭酸泉の2種類に分かれています。

どちらも白湯と比べて体を温める効果が高いお湯です。

露天風呂と小さめの内湯が海水風呂、大きめの内湯とジェットバス、電気風呂が炭酸泉です。

私が行った半年前(2016年の夏)は、露天風呂が故障してて入れなかったんですよね。

今はもう直ってると思うのですが、また行った時に確認して追記します。

 

風呂を出た後のロビーも広くて、食事処もあります。

HPのよくある質問にある通り、一度ロビーに出てご飯を食べたりした後に再入浴することも可能です。

 

海水風呂と炭酸泉を両方楽しめる銭湯はかなり貴重ですよ。

体をポカポカに暖めたい時に行くのがオススメです。

体に切り傷とかがある場合はかなりシミると思うので、避けた方がいいかもしれません。

アトピーとか、皮膚系の病気の治療にも使えるようですよ。

 

 

【おまけ】

湯処 あべの橋

湯処 あべの橋

こちらは天王寺のキューズモール裏にある、かなり立地のいい銭湯です。

「気分はスーパー銭湯、料金は庶民派銭湯」とHPでうたっている通り、440円とは思えないくらいの大きいお風呂です。

結構な回数行ってるのですが、写真が無いので文字で説明しますね。

 

ただ大きいだけではなく、前述したテルメ龍宮の温泉を運んできて、使っております。

源泉かけ流しにこだわらないのであれば、アクセスのいいこちらがオススメです。

(テルメ龍宮の龍宮温泉が持つ、本来の香りは塩素に紛れてかなり薄れているのですが、、、)

白湯と温泉両方の浴槽が多く、ジェットバスやエステバスなど、マッサージ系のお風呂が充実してます。

乾式サウナがあるものの、200円の追加料金が必要です。無料で使えるスチームサウナもありますので、そちらで十分でした。

ロビーも広めで、ドリンクとアイスなんかも売ってます。

 

 

 

いかがでしょうか?

迷っている人は、とりあえずテルメ龍宮に行ってみてください。最高すぎますので。

 

他にも天然温泉を使用した銭湯があればぜひ教えてくださいませ。運び湯の温泉でもかまいません。

随時この記事は追記していきます!

 

golden-yamashita.hatenablog.com