山下湯金の関西お風呂日記

大阪在住、銭湯や温泉に週5で通う山下湯金のお風呂記録。たまに投資の話も。

【今なら500円】大阪で最も濃い温泉、松原天然温泉You,ゆ~に行ってきた【大阪の有馬温泉】

温泉大好き、大阪在住の山下湯金です。

 

みなさんは関西の濃厚な温泉と言えばどこを思い浮かべますか?

「有馬温泉 金の湯」

が有名ですね。

海水に近い成分と豊富な鉄分が含まれており、黄金色に輝く温泉です。

 

ですが、実は大阪南部の松原に、有馬温泉金の湯とほとんど同じ成分の温泉がわき出ているのです。

蒸発残留物32.3g/kgの、ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉 (高張性-中性-高温泉)。

温泉好きの方であれば、この文字だけで濃厚さがわかってもらえると思います。

 

f:id:yamashitagolden:20170129215633p:plain

f:id:yamashitagolden:20170129215708p:plain

www.e-ofuro.com

You,ゆ~という割とふざけた名前なので、なんちゃって温泉かと思いきや、本格派なんです。

HPからちょっと写真を借りてきますね。

f:id:yamashitagolden:20170129093811j:plain

 

見た瞬間、濃厚さが伝わってきますね。

細かい説明は省きますが、ただただ最高な泉質です。

加温加水なしの完全源泉掛け流しが、なんと大阪でも楽しめるんです。

 

3階建ての大型設備で、温泉なのですがスーパー銭湯並にゆっくりできる施設がそろってます。

ロビー、軽食コーナー、売店、食事コーナー、宴会場、カラオケ、ゲーセン、漫画コーナー、レストソファとテレビ付休憩室、ムービーシアター、

と、丸1日でもゆっくりできそうですね。

 

入浴料金1800円が今だけ500円に割引中!

ですが、1点だけ問題があります。やたらと入浴料金が高いのです。

入浴料金は1800円、18:00以降なら1000円に割引。

まあ温泉なのでこんなもんでしょうが、大阪の他のスーパー銭湯と比べるとちょっと割高。

どうせ行くなら朝から行きたいし、割引はないかなーとずっと思っていたのですが、なんと土日祝でも500円で入れるクーポンが発行されていたのです。

 

f:id:yamashitagolden:20170129220532p:plain

 

f:id:yamashitagolden:20170129220633p:plain

LINE@の公式アカウントに友達登録することで、1度だけ使えるクーポンが発行されます。

先着1万名様限定のようですので、できれば急いだ方がいいですね。

期限は2017年末までなので、とりあえず取得しておいた方がいいでしょう。

では、このクーポンを使って入浴に行きましょう。 

 

 

温泉へのアクセス

地下鉄谷町線の南端、八尾南駅と近鉄の河内松原駅からバスが出てます。

1時間に1本、19時まで。

f:id:yamashitagolden:20170129224228p:plain

近鉄の恵我之荘駅から徒歩15分でも行けます。

 

私は八尾南駅からバスに乗りました。バスはだいたい南口の近鉄バス乗り場に55分くらいに到着します。バスロータリーには何の案内も出ていませんが、こんな感じで来るので安心してください。

 

f:id:yamashitagolden:20170129220446p:plain

先ほどのラインクーポンの使い方は簡単。

券売機で券を買わずにそのまま受付へ行って、スマホのラインクーポン画面を見せるだけ。

店員さんがクーポンを使用済みにしてくれますので、500円を現金で払えば完了です。

もちろん通常料金と同じで、タオル、バスタオル、館内着上下のセットとロッカーのカギを貰えます。

では、早速温泉に入りましょう。

 

温泉のすごさ

 まずは温浴設備の紹介からしていきます。

浴室は2階建てになってます。

1階の内湯が、洗い場、人工炭酸泉、ジェットバス、泡風呂、電気風呂。

1階の露天風呂が、源泉かけ流しの高温泉(42度くらい)、低温泉(40℃くらい)+寝湯、壺湯(小)が2つと壺湯(大)が1つ、水風呂。

2階にはアロマサウナと乾式サウナと水風呂があります。2階は完全にサウナゾーンですね。

 まあまあの充実具合ですが、スーパー銭湯ならこの程度はどこでもそろっています。

やはり松原天然温泉You,ゆ~の魅力は、源泉掛け流しを楽しめる露天風呂でしょう。

 

1階の露天風呂は全て湧き出た源泉を使用しています。岩風呂になっていますが、析出した成分で茶色くなっており、源泉の濃さがよくわかります。

特に源泉が湧き出て、流れ出ているところは真っ黒になっています。鉄だけでなくマンガンがかなり多い温泉なので、その色が出ているようです。

これは入口にあった源泉が湧き出る岩の写真です。

f:id:yamashitagolden:20170129221638p:plain

鉄が析出して茶色くなっているのはよく見ると思いますが、ここまで黒いのは珍しいですね。マンガンが含まれていると、こんなに黒くなるんです。

 

HPから引用した温泉分析書を貼っておきます。

 

f:id:yamashitagolden:20170129223250j:plain

www.e-ofuro.com

 

 海水っぽい成分+鉄・マンガン。その他温泉成分も豊富に入ってます。

 

松原天然温泉You,ゆ~は、色んな入浴設備を楽しめるのもいいところですが、一番素晴らしい点はやはり、

「源泉から湧き出た直後の透明なお湯を壺湯で楽しめる」

ということです。

 

黄金の湯と呼ばれていますが、湧き出た瞬間から黄金色になっているわけではないのです。湧き出た瞬間は透明で、そこから空気に触れて酸化することで黄金の湯になります。詳しいメカニズムはこちらの解説をご覧ください。

f:id:yamashitagolden:20170129223014p:plain

有馬温泉でもお目にかかれない、というキャッチフレーズが最高ですね。

2+の鉄イオンが酸化して、水酸化鉄になることで着色し、その粒子がコロイド化して光を散乱するようになって茶色くなります。

この解説は入口すぐにあるので見逃しやすいですが、これを読んでから入浴した方がここの温泉のありがたみがよくわかりますよ。

 

f:id:yamashitagolden:20170129222937p:plain

この辺の他の温泉との違いやその起源もよくわかりますね。

f:id:yamashitagolden:20170129221709p:plain

 

大人数が入れる露天風呂は、空気に長い時間触れているので黄金色になってますが、容積が小さく、常に新しいお湯が供給される小さな壺湯は透明なんです。

臭いと味と肌触りは、露天風呂も壺湯もまったく同じなのですが、透明度が全く違います。面白いですね。

 

更に前述した通り、1人用の壺湯と、2人用のちょっと大きめの壺湯があるのですが、その2つでも透明度が違うのです。

浴槽のサイズが違っても、供給されるお湯の量はほとんど同じ設計になってます。

つまり、大きい壺湯は空気に触れて酸化したお湯の割合が、小さい壷湯よりもちょっとだけ多いんです。

その結果として透明度が、壺湯(小)>壺湯(大)>岩風呂、となっており、変化を楽しめます。

 

この透明な鉄系温泉というのは、循環式の温泉では絶対に味わえません。

温泉が湧き出たところから、空気に触れさせずに運んできた、本当の源泉かけ流しでないと味わえない最高の泉質なのです。

 

これは本当かどうかわかりませんが、この温泉の解説によると、透明のお湯が黄金色に変わる時、つまりお湯が酸化する瞬間こそが、もっとも人間の身体に影響を与えるのだとか。

せっかくここに来たのであれば、是非新鮮な壺湯を楽しんでみてください。

酸化した鉄泉ならば、有馬の公衆浴場「金の湯」でも味わえますから、ここでしか味わえない温泉を楽しみましょう。

ちなみに壷湯はみんな狙っているので、壷湯横の椅子やベッドで待機して、空いた瞬間に即入るのがベターです。

 

漫画コーナーの充実具合

3階のリラックスコーナーには漫画・雑誌コーナーがあります。

f:id:yamashitagolden:20170129215843p:plain

雑誌は見ての通りちょっとだけ。女性誌、文春・新潮、関西ウォーカー、など。

f:id:yamashitagolden:20170129215854p:plain

 

漫画については、3000冊としか書いてなかったので、あまり期待していなかったのですが、新しい漫画を集めた3000冊なので、かなり楽しめます。

具体的には、

リアル

ライアーゲーム

弱虫ペダル

ワンピース

烈火の炎

メジャー

名探偵コナン

ベイビーステップ

北斗の拳

マギ

未来日記

バキ

ハンターハンター

鋼の錬金術師

GANTZ

銀魂

寄生獣

H2

バトルロワイアル

トリコ

テガミバチ

土竜の唄

鋼の錬金術士

ダンジョン飯

カイジ

エンジェルハート

ガラスの仮面

20世紀少年

など、連載中でかなり人気があるやつと、ちょっと前の名作を集めてる感じですね。

キングダムもありましたが、 35巻からしかないという中途半端さ。

ワールドトリガーも途中の10巻くらいからしかなかったですね。

予算の都合で、最新刊付近しかない作品もあるようなので要注意です。

もちろんここに書いていない作品もたくさん置いてますよ。目に付いたのを適当に入力しただけですので。

 

漫画コーナーにはリクライニングシート6席と、マッサージチェアー2席しかないです。

この写真の奥が漫画コーナーですが、もちろん満席で床に座ってる人までいます。右側の暗い部屋がソファ付きの休憩室ですが、もちろん満席。

f:id:yamashitagolden:20170129220209p:plain

日曜日に行ったせいか、とにかく人が多かったです。長時間ゆっくりする、という意味ではあんまり向いてないかもしれません。人多すぎです。

(クーポン配ってる今だけの現象なのかもしれませんが。)

 

ちなみに私は16時くらいに温泉を出たのですが、ロッカーが満席になってしまって入場制限をかけていました。

日曜日だったからでしょうが、大人気ですね。休日に行かれる際は昼過ぎまでに入った方がいいと思います。それか夜に行くか。

f:id:yamashitagolden:20170129221615p:plain

 

 

ここはまた行きたい温泉ですが、アクセスが悪いのと1800円が高すぎるので、大阪南部に出張とかで行った際の帰り道に夜間料金で使う、というスタイルが私にはよさそうです。

夜間に行っても、壺湯なら新鮮なお湯が常に供給されているので問題なしです。

500円を払って会員になれば、1300円で入れるようになるようので、1800円の通常料金で入浴するくらいなら会員になっちゃいましょう。

色々キャンペーンもやっているので、是非一度来てみてください。

有馬でも味わえない新鮮な本物の温泉を大阪で味わえるのは貴重だと思います。

 

松原、羽曳野、堺エリアには結構いい天然温泉を使ったスーパー銭湯が多いんです。

今後はその辺も紹介していきますのでご期待くださいませ。