山下湯金の関西お風呂日記

大阪在住、銭湯や温泉に週5で通う山下湯金のお風呂記録。たまに投資の話も。

【奥日光湯元温泉】最高の湯けむりスポットで写真撮影後、温泉寺で入浴してきた。

温泉大好き山下湯金です。

 

温泉地に行った時の楽しみの一つ、それは湯けむりの撮影です。

湯けむりがあると、ザ・温泉地!って感じがして最高じゃないですか。

毎回いろんな湯けむりを撮影しています。

 

旅館から漏れる湯けむりもいいのですが、やはり一番いい湯けむりは源泉からあふれる湯けむりです。

この記事では私が今まで見てきた温泉地の湯けむりの中で一番良かった

「奥日光湯元温泉」

の源泉から出る湯けむりの写真をお送りします。

 

奥日光湯元温泉は、実際に入浴できる温泉寺も有名です。

そこの入浴記録も書いときますね。

 

奥日光湯元温泉の源泉湯けむり

JR日光駅(or東武日光駅)からバスで片道約1時間半、料金は1700円です。

2日間乗り放題のフリーパスが3000円なので、これを買うことをおススメします。

www.tobu-bus.com

f:id:yamashitagolden:20170122152225p:plain

 日光東照宮とか中禅寺温泉とか華厳の滝とかもこのフリーパスを買っとけばバスで行けます。

 

www.nikkoyumoto.com

 

湯元温泉でバスを降りると、まずは東に向かいます。

途中で温泉寺があって、

 

f:id:yamashitagolden:20170122153905p:plain

更に東へ行くと「源泉ゆの香」があり、その右側の道を抜けると、

f:id:yamashitagolden:20170122153943p:plain

 

源泉である湿地帯に到着です。

見てください、この湯けむり。

最高じゃないですか?

f:id:yamashitagolden:20170122154025p:plain

有害な高温ガスが出てるので、顔を近づけてはいけません。

f:id:yamashitagolden:20170122154023p:plain

f:id:yamashitagolden:20170122154025p:plain

f:id:yamashitagolden:20170122154045p:plainf:id:yamashitagolden:20170122154104p:plain

 

f:id:yamashitagolden:20170122154345p:plain

この乳白色の温泉は

「含硫黄‐カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉」

という色々含み過ぎなレア温泉です。

では、この温泉を楽しめる温泉寺に向かいましょう。

 

温泉寺での入浴

rinnoji.or.jp

先ほどの源泉地帯から5分くらい西に戻れば温泉寺があります。

 

f:id:yamashitagolden:20170122154815p:plain

入浴料金は500円。

f:id:yamashitagolden:20170122154833p:plain

西暦788年に見つかったという、歴史あり過ぎな温泉です。

f:id:yamashitagolden:20170122154921p:plain

入浴後は畳の部屋で庭を見ながら休憩できます。

f:id:yamashitagolden:20170122155004p:plain

右上に書いてある通り、源泉が68℃と高温なので加水してます。

入浴客自ら蛇口を捻って加水していくスタイルです。

f:id:yamashitagolden:20170122155103p:plain

味のある温泉分析書もたまりませんね。

f:id:yamashitagolden:20170122155338p:plain

浴室内の写真は公式サイトからお借りします。

 

f:id:yamashitagolden:20170122154834j:plain

 rinnoji.or.jp

 

 見ての通り、先ほど湧き出ていた源泉と同じです。

(実際は白濁するまでちょっと時間がかかります。最初は透明なお湯です。)

 

日曜日のAM10時くらいに行ったのですが、先客が3人いました。

4人でこの狭い浴槽に入るのはちょっと悲しかったですが、硫黄の臭いとスベスベの泉質は凄くよかったですね。

pHは中性ですが、肌への保湿効果が凄いです。

適温にしようとすると加水割合がどうしても増えてしまうので、いわゆる濃い温泉ではありません。

 溶存物質量も1500mg/kgくらいで、普通の濃度です。

 

加水蛇口の捻り具合は、周りの人と相談して決めましょう。

私が入ろうとしたときは44度くらいの高温状態でしたので、他の3人に

「熱すぎないですか?」

って聞いてみると、

「熱い」

と3人とも言ってくれました(笑)

意外と熱いって言い出しにくい人も多いので、熱いときは主張してみることをおススメします。

 

風呂上りはお茶とお菓子が貰えます。

和室でまったりしましょう。

f:id:yamashitagolden:20170122160833p:plain

窓からの景色はこんな感じです。

f:id:yamashitagolden:20170122160818p:plain

 

奥日光湯元温泉、ここにはまた行きたいですね。

ベスト湯けむりスポットの紹介でした。