読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下湯金の関西お風呂日記

大阪在住、銭湯や温泉に週5で通う山下湯金のお風呂記録。たまに投資の話も。

冬場に銭湯や温泉に入ったあと、湯冷めしない方法

銭湯と温泉が大好きなゴールデン山下です。

 

みなさん、大きなお風呂で体を休めていますか?

 

週に5日は銭湯や温泉に入る私でも、冬場の入浴にはある不安が付きまといます。

それは、

「せっかく温まったのに、帰る途中で湯冷めして風邪ひいたらどうしよう!」

って不安です。

 

冬場に外のお風呂に入る=湯冷め=風邪、みたいな図式の人って意外と多くありませんか?

何を隠そう、私も昔はそんな感じでした。

ですが、冬場のどんなに寒い時期だろうと湯冷めしないテクニックを習得した今、恐い季節なしです。

オールシーズン、温泉日和です。

 

この記事では私が長年の銭湯・温泉ライフで身に着けた、湯冷めしないテクニックをお伝えします。

 

そもそもなぜ湯冷めするのか?

湯冷めが起こるメカニズムは以下の通りです。

体の表面が温まっている→温度を下げるために体が発汗する→発汗状態で服を着る→汗が下着を濡らす→濡れた下着が体温を奪う。

 

そして、体が温まったつもりでも、実は表面だけが温まっている状態で、身体の内側が温まっていないということも原因です。

 

つまり、身体の表面だけではなく内側までしっかり温めて、なおかつ体表面だけは適度に冷まして発汗を抑えるという状態になれば、湯冷めしにくくなるのです。

 

どうやってそんな状態になれるのか?水風呂を使えば出来ます!

ズバリ、水風呂(もしくは水シャワー)を利用すれば出来るんです。

水風呂で体表面だけを冷やすことが可能ですから。

 

温泉好きの人でも、水風呂だけは苦手!って人は多いんですよね。

もしくはサウナの後は水風呂に入るけど、サウナのない浴場では水風呂を使わない人も多いです。

でも私からすると、水風呂使わないのは非常にもったいないです。

銭湯や温泉は、水風呂とセットでこそポカポカになれるのです。

 

なぜ水風呂を併用すればポカポカになれるのか?

ここからは図解していきます。パワーポイントで描画したカス図解ですが、ご容赦くださいませ。

 

f:id:yamashitagolden:20170104232151p:plain

当然入浴前は全身が冷たい状態です。

さて、入浴してみましょう。

 

f:id:yamashitagolden:20170104232511p:plain

 

はい、これが湯船で10分間温まった時の様子ですね。

10分も熱いお湯につかると、のぼせそうになりますよね?

ですが、この状態で体が温まったと誤解して外に出てはいけません!

この状態こそが湯冷めを誘発する、

「体表面のみが発汗しており、下着を濡らす状態」

かつ

「体の内側が温まっていない状態」

なのです。

 

この状態で、一度水風呂に入りましょう。

慣れてない人は、25度くらいの水シャワーでも構いません。

水風呂が冷たいのは最初の1回だけです。2回目以降は全然気にならなくなりますので、覚悟を決めてどうぞ!

 

つかる時間は5~10秒くらいでも全然OKです。

長くても1分くらいにしときましょう。

 

さて、水風呂にちょっとだけ使った後の様子はこんな感じです。

 

f:id:yamashitagolden:20170104234634p:plain

 

ご覧の通り、身体の表面が冷えていますね。

この状態であれば、身体は表面を冷やすために発汗しようとしなくなります。

お風呂上りにいくら体を拭いてもすぐに汗が出てくる、なんてことにはなりません。

でもこの状態で外に出ても、湯冷めします。

体の芯までしっかり温めないと、冬場の凍える風には勝てないのです。

 

さあ、もう一度湯船に戻りましょう。

 

f:id:yamashitagolden:20170104235058p:plain

またもや、のぼせてきました。

ですが先ほどの、のぼせ状態と比べると体の内側がより温まっていますよね?

さて、また水風呂です。

2回目の水風呂は、1回目よりも冷たくありません。

体が慣れているのと、身体の芯が温まっているからです。

さっきは5~10秒しか入れなかった貴方も、今度は30秒くらいはいけると思います。

 

f:id:yamashitagolden:20170104235628p:plain

かなり体の内部までポカポカしてきましたね。

でも表面は水風呂のおかげで冷えているので、のぼせずにまだまだお風呂に入れますよ。

さて、入浴と水風呂をもう2サイクルだけやりましょうか!

f:id:yamashitagolden:20170105000418p:plain

f:id:yamashitagolden:20170105000432p:plain

f:id:yamashitagolden:20170105000441p:plain

はい、これだけ浴槽に長く(1回5~10分を4回)浸かれば、身体の芯までポッカポカです。

では仕上げに水風呂で、身体の表面だけを冷やして発汗を抑えましょう!

 

f:id:yamashitagolden:20170105000534p:plain

はい、ということで完成形です。

この状態であれば、湯冷めしません。

湯船→水風呂のサイクルを4回です。

(個人差はありますが、だいたい3~6回くらいだと思います。)

 

体の内側は真っ赤ですが、表面だけは冷えているので、発汗しません。

タオルで濡れた体を拭けば、その後に汗で濡れることは無いでしょう。

 これで冒頭で述べた、

「身体の表面だけではなく内側までしっかり温めて、なおかつ体表面だけは適度に冷まして発汗を抑えるという状態」

まで仕上げることが出来ました!

 

 どうやって家まで帰るのか??

いくら体の芯までポカポカにしても、真冬の凍える風の中で30分以上いたら湯冷めします。

いや、もはや湯冷めというよりもただの冷めです。

なんのためにお風呂で温まったかわかりませんね。

水風呂を駆使して体の芯まで温めても、真冬の外をうろつける時間は精々15~20分程度。

その15分の間に、自宅、ホテル、電車や、バス、車などのエアコンがきいている空間にたどり着ければ、湯冷めしなくてすみます。

ということで、家や駅などからなるべく近い銭湯・温泉を冬場は選んでください。

 

服装について

当然ですが、完全防備必須です。

ダウン、ニット帽、ネックウォーマーorマフラー、手袋を用意し、顔のごく一部しか露出しない状態で入浴後は移動します。

先ほどの15分歩けるという話は、この完全防備をした状態での話です。

 

 

この方法を守って頂ければ、冬場の銭湯や温泉をもっと楽しめると思います。

冬にわざわざ冷たい水風呂に入る、実践し辛いですが一度やればもう病みつきですよ。

(※心臓が悪い人は止めといたほうがいいです。持病がある人も医者に用相談です。)

 

日本の冬は寒くて長いです。

でもその期間も是非銭湯や温泉を楽しんでくださいね!