読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下湯金の関西お風呂日記

大阪在住、銭湯や温泉に週5で通う山下湯金のお風呂記録。たまに投資の話も。

島根県の荘原駅から徒歩15分、「湯元 湯の川温泉」は青春18きっぷの旅で立ち寄れる最高の温泉でした。(源泉掛け流し・日本三美人の湯・日帰り入浴500円)

山陰本線の電車に乗車中の皆様こんにちは。

温泉大好きゴールデン山下です。

 

今日は島根県の荘原(しょうばら)駅から徒歩15分で行ける最高の日帰り温泉を紹介します。

 

そもそも荘原駅ってどこ?

 

荘原駅は島根県の松江と出雲の間です。

松江からだと各駅停車の電車で30分、出雲からだと各駅停車の電車で15分くらいです。

 

 

 この荘原駅こそが、日本三美人の湯の一つ、湯の川温泉への最寄駅なのです。

徒歩15分ほどで私がイチオシの「湯元 湯の川温泉」に着きます。

www.yumotoyunokawa.jp

 ↓にGooGleMapの経路と、実際の道程写真を貼っていきます。

 

荘原駅に到着

 

f:id:yamashitagolden:20170102160804j:plain

見ての通り、何もない駅です。

ここから歩いていきましょう。時刻表の写真を撮っておくことをお勧めします。

 

駅を出て、まずは右に向かいます。少し進むと右手側に踏み切りが見えるので、あとは踏み切りを超えてひたすらに歩くだけです。

だいたい徒歩15〜17分もあれば着くでしょう。

 

f:id:yamashitagolden:20170102162452p:plain

f:id:yamashitagolden:20170102161243p:plain

 

途中には風情ある旅館がたくさんあるので、写真スポットにもなりますよ。

 

 f:id:yamashitagolden:20170102162702p:plain

到着です。

営業時間が10〜16時半で、受付は16時までなので注意です。

 

f:id:yamashitagolden:20170102162804p:plain

 

フロントで500円払います。

浴室の脱衣所にはロッカーがないので、貴重品はフロントに預けましょう。

紙袋をもらえるので、自分の名前を書いてスマホや財布などを入れて引換券をもらいます。

 

脱衣所に入る直前の成分分析表には加水や消毒の有無は書いてませんが、浴室内には源泉掛け流しであることが記載されてます。

塩素臭もなく、循環装置もないので源泉掛け流しで間違いないでしょう。

(湧き出し量は50L/minと少なめですが)

 

浴槽は扇型で、端から45℃くらいの熱い源泉が出ています。

水風呂やサウナはありません。

90分2000円で貸し切れる家族風呂もあるようです。

 

美人の湯なだけあって、お肌はスベスベになりますよ。

ヌルヌル感はほとんどないです。pHは8.1です。

蒸発残留物1.4g/kgなので、そこまで多くの成分が溶け込んでいるわけではありません。

無色無臭で、若干塩っぽい温泉でした。

 

 

f:id:yamashitagolden:20170102162901p:plain

 

風呂上りはロビーで新聞を読みながら、電車の時間を待ちます。

 

電車は基本的に1時間に一本なので、

到着→15分かけて温泉へ→45分かけて温泉を楽しむ→フロントで新聞でも読みながら30分くらいまったり→15分かけて駅へ戻る

って感じでした。

 

 日帰り入浴で利用する客はほとんどいないみたいで、私が行った時は入浴していた45分間貸切状態でした。

 

駅から歩いて行けるところにこんなに素晴らしい温泉があるんです。

温泉と言えば山の中とか、バスや車じゃないと行けないところが多いのですが、湯本 湯の川温泉は駅からすぐそこです。

青春18きっぷの旅の途中や、出雲大社へのお参りのついでに、是非お立ち寄りしてみてください。

 

www.yumotoyunokawa.jp