読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下湯金の関西お風呂日記

大阪在住、銭湯や温泉に週5で通う山下湯金のお風呂記録。たまに投資の話も。

【天然温泉銭湯】芦屋、灘、神戸にある天然温泉が楽しめる4つの銭湯に入浴して比べてみた。

温泉と銭湯が大好きな山下湯金です。 

 

兵庫県は有馬温泉や城崎温泉や湯村温泉など、有名な温泉地が沢山あります。でもそのほとんどが兵庫北部のアクセスが悪い場所で、行きにくいですよね。ですが、芦屋~神戸という便利なわずか15km程度の間に、銭湯料金で入れる天然温泉が5ヶ所もあります!

 

2日間かけて4ヶ所に入浴してきましたので、この記事ではそれぞれの特徴をまとめて、オススメ順に紹介します。

(灘温泉は、六甲道店と水道筋店がありますが、泉質的に似ているようなので六甲道店だけに入浴してます。水道筋店はまた今度行って追記します。)

 

まずは表にまとめてみました。上から芦屋~神戸の順に並んでます。オススメ順ではありません。

f:id:yamashitagolden:20170309070227p:plain

 

ここから、温泉好きの私がオススメする順に紹介していきます!(銭湯としてではなく、温泉としての評価です。)

 

乙女塚温泉

 (公式サイトみつからず)

onsen.nifty.com

 

外観的にはあんまり風情がありません。が、源泉掛け流しの文字でテンションが上がりますね。

f:id:yamashitagolden:20170309065626p:plain

入口に温泉分析書があるので、これをまずは見ておきましょう。露天風呂にも温泉分析書はあるんですが、文字がほとんど読み取れないくらいまで傷んでますので、ここでどんな泉質かキッチリ見ておきましょう。(ロビーにも貼ってます・)

f:id:yamashitagolden:20170309065629p:plain

f:id:yamashitagolden:20170309070526p:plain

メタケイ酸と炭酸水素イオンが多めで、湧き出た瞬間の温泉が発砲しているのが特徴です。期待できますね。

f:id:yamashitagolden:20170309070535p:plain

求人の紙と重なって見にくいですが、サウナは350円とかなり高めです。塩サウナと

 

中は3階建で、1階が脱衣所、2階がマッサージバスエリア、3階が内湯が温泉浴槽(電気風呂付き)で、露天エリアに源泉垂れ流し風呂と水風呂とサウナがあります。

露天風呂には源泉垂れ流しって書いてます(笑)垂れ流しと表現する温泉はあんまりないと思いますが、湧き出た温泉をそのまま使っていることがよくわかる素晴らしい表現ですね。

泉質的には、黄緑色の透明温泉です。無味で、匂いはかすかにする程度。鉄分を含んではいるのですが、浴槽への着色や析出は少なめです。あんまり特徴が無いように思えますが前述した通り、炭酸水素イオンが多く含まれていてかなり発泡してます。源泉が湧き出ている近くは泡が多く、離れていくとどんどん泡の量が減っていく様子が露天風呂でよくわかりますよ。循環している内湯ではもちろん発泡していません。

写真をお見せできないのが残念ですが、露天風呂は10人くらいは入れる広さで、開放感があって最高です。露天風呂のすぐ横に水風呂があるので、温冷交互浴も捗りますし、ベンチもあるのでゆっくり座って休憩することも出来ます。

更に、ここの温泉は湯冷めしにくい泉質です。メタケイ酸が多いため、お肌はツルツルになるのですが、ちゃんと保温効果もあります。

 露天風呂の素晴らしさ+温泉としての素晴らしさ、両方合わさって、乙女塚温泉が芦屋、灘、神戸エリアの天然温泉銭湯では最高と評価しました。

皆さんも今すぐ入りに行きましょう!

 

 

灘温泉 六甲道店

 

www.nadaonsen.jp

六甲道駅から徒歩5分とアクセス最高。街中にあります。

f:id:yamashitagolden:20170308223832p:plain

f:id:yamashitagolden:20170308223841p:plain

入浴料金は420円で、サウナは+130円。ランニングステーションとしても使えるみたいですけど、800円と料金は高め。

こちらが温泉の分析書です。

 

f:id:yamashitagolden:20170308224005p:plain

源泉は32度くらいで、湧き出し量は毎分35リットル。温度も低くて湧き出し量も少ないです。

内湯は温泉を使った深浴槽(41~42℃くらい)と白湯のマッサージバスがあります。露天風呂は40℃くらいで、温泉を使った打たせ湯も露天風呂の横にあります。露天には地下水を使った水風呂も。場所的に、六甲の美味しい水ですかね?これらの露天風呂と内湯はもちろん消毒ありで、加温循環しています。

 

ここの一番の目玉は源泉掛け流し風呂。もちろん消毒なしで、加水も加温もしていません。32℃なのでかなりのぬる湯です。 浴槽は小さくて、ギリギリ2人入れるくらい。かなり混雑してます。

f:id:yamashitagolden:20170309062927j:plain

http://www.nadaonsen.jp/rokko_index.html

 

 

鉄分多めで、独特の匂いがする温泉です。冷えた源泉は匂いが少なめですけど、温められた温泉は、その匂いがかなりきます。公園の鉄棒的な香りで、苦手な人もいるかもしれません。

冷めた源泉と加温された温泉風呂で温冷交互浴が楽しめますので、かなり長く入れます。今回紹介する温泉の中では、ここが一番長湯できると思います。私は合計1時間くらい浴室にいました。

 

ちなみにロビーはないので、風呂上がりはあんまりゆっくりできません。一応食堂的な場所に椅子はありますけど、何も頼まずのんびりはしにくいですね。

 

 

朝日温泉

 

asahi-onsen.cool.coocan.jp

JR神戸駅と兵庫駅の中間地点にあります。最寄駅は山陽電鉄の新開地駅で、徒歩6分くらい。ハーバーランドに一番近い(徒歩15分)温泉です。

まずはこちらをご覧ください。

f:id:yamashitagolden:20170308220854p:plain

「入口でわざわざ源泉が湧き出るところを見せてる銭湯温泉は泉質最高説」というのが兵庫にはあるので、この時点で期待できます。

f:id:yamashitagolden:20170308220915p:plain

ちなみに、外観はこんな感じで3階建てです。1階がコインランドリー、2階が受付と脱衣所、3階が風呂です。

f:id:yamashitagolden:20170308220912p:plain

 

f:id:yamashitagolden:20170308220920p:plain

入浴料金は420円で、サウナセットにすると100円プラスです。ここは水風呂がサウナエリアにしかないので、サウナセットにしておかないと水風呂に入れませんのでご注意ください。

 

白湯の浴槽は、打たせ湯、ジェットバス、電気風呂、深め気泡風呂。

天然温泉の浴槽は、源泉風呂(30℃くらいの源泉をそのまま掛け流し)、加温循環している浅浴槽の2つ。

あと一つ、黒の湯とかいう「有馬温泉と同じ成分」をうたう浴槽があるのですが、全く有馬温泉とは泉質が違う、ただの黒い熱めのお湯です。黒の湯には特に入る必要はありません。

 

加温された温泉に入って体を暖めた後、ぬるめというか冷ための源泉風呂で体を冷ます。このサイクルが最高ですね。

ただ、源泉風呂は4人くらいしか入れなくて常に争奪戦状態。自分の入りたいタイミングで入れません。この点は大きなマイナスです。

そしてどうでもいいことですが、源泉風呂の窓から外を見ると、犬の彫像が大量に並んでてビックリします。夜に見ると結構不気味なのでご注意願います。

 

ただ、温泉としてはほとんど特徴なしです。蒸発残留物0.5g/kgと成分的に薄いですし、匂いも薄いです。かろうじて硫化水素っぽい匂いがする、かも程度。メタケイ酸を含むお湯ですが、湯上り後のお肌スベスベ感はないです。

 

ここの魅力は、おかみさんの素晴らしい接客だと思います。食堂付きで、おかみさんが洗い物をする合間に受付をしてくれる適当スタイルですが、仕事帰りにスーツで行ったら、大きめのロッカーを手配してくれました。(下駄箱の鍵とロッカーの鍵を交換する方式です。)

 

アクセスもいいですし、ハーバーランドで夜景を楽しんだ後に行く温泉としていかがでしょうか??

ちなみに、ランニングステーションとしての使用もOKなので、ここに荷物を預けて神戸の街を走って、温泉に入るという贅沢も出来ます。

f:id:yamashitagolden:20170308223505p:plain

 

 

 

芦屋市立 あしや温泉

 

www.spa-ashiya.jp

芦屋と言えば、関西屈指の高級住宅街として有名ですが、実は温泉もあるのです。

町内会の入会費だけで50万円かかる高級住宅エリアは阪急芦屋駅の北東部だけ。そこ以外の芦屋はちょっと上品なだけの街。今回紹介する芦屋温泉は阪急芦屋駅から南に徒歩15分くらいのところなので、セレブじゃないみなさんでも安心して街に馴染めますよ。

 打出駅からの方が1分くらい近いのですが、芦屋の方が電車の本数は多いので、芦屋から行くことをオススメします。

 メチャ遠いですが、なんとか辿り着くと、

f:id:yamashitagolden:20170308215112p:plain

f:id:yamashitagolden:20170308215133p:plain

こんな感じの新しめで綺麗な温泉が見つかります。夜なのでやってませんでしたが、足湯もあるみたいです。

↓が温泉の分析書。フラッシュ焚きすぎて一部が見えてなくてすみません。

f:id:yamashitagolden:20170308215132p:plain

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉で、源泉温度は45.3度。よさそうな感じですね。

入浴料は380円と安め。サウナはありません。

源泉掛け流しの高温浴槽(43℃くらい)と加水した低温浴槽(41℃くらい)の2つのみ。どちらも浅浴槽です。

かなりのぼせやすい泉質なので、長風呂はしない方がいいです。水風呂もないので、体を冷ますには、かけ湯の横にある水道水を使うしかないと言うのは残念ですね。

温泉は黄色っぽいお湯ですが、匂いはあんまりないです。

 

長湯が出来ないのと、泉質的に特徴は無いので、再訪はないですね。。。

芦屋観光のついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

(芦屋の高級住宅街を歩きたい、と言う人は意外と多いです。街並みと景色が綺麗なので、写真を撮りたい人にも芦屋観光はオススメです。)

 

 

 

 とりあえず迷っている方は乙女塚温泉に行きましょう!イチオシです。更に乙女塚温泉からは灘温泉六甲道店が徒歩圏内なので、これらの温泉2つをハシゴしてみてはいかがででしょうか。

 

 

 

 

 

ちなみに、尼崎~西宮間にも天然温泉銭湯はたくさんあります。

golden-yamashita.hatenablog.com

大阪にもあります。

golden-yamashita.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

従業員持株会の比率が高い会社=社員が自社の成長を信じてる優良企業?

従業員持株会への参加を、断固拒否している山下湯金です。

 

皆さんの勤めている会社は上場企業ですか?もしそうなら、従業員持株会があると思います。

自社の社員は基本的に自社株を売買できません。だって、自社が今後儲かるか否かを誰よりも早く知れるわけですから、インサイダー取引になっちゃいます。ですが、従業員持株会に入れば、毎月一定金額ずつ自社株を買うことができます。一定金額ずつを積み立てる仕組み(金額変更のタイミングは年に1回程度)なので、インサイダー取引はほぼ不可能だろうと判断されてます。

多くの会社では購入金額の5%前後を奨励金として負担してくれます。つまり、毎月の給料から従業員持株会用に1000円引かれると、1050円分の自社株が買えるということです。

 

従業員にとっては、会社から補助を貰って有利に資産形成できるという利点があります。自社株を持った社員は、自社の株価を上げたいと思って頑張るので、経営者にとってもメリットがあります。

 

そんな従業員持株会ですが、個人的には入らない方がいいと思ってます。

「卵は同じ皿に盛るな」

は投資の大原則。労働力と言う自分の資本のほぼ全てを投資している会社に、これ以上資産を集中させるべきではない、と考えてるからですね。

 

「自社の株価が高い=儲かってる=賞与も残業代もしっかり出てる」

それなら、給料と賞与だけで十分です。

 

「自社の株価が低い=儲かってない=残業代が削られ、賞与も出ない」

という状況になった時に、別の会社の株や他国の不動産などに投資していれば、そちらからの配当収入が得られて、最悪の状況は避けられますね。自社株に投資していれば給与は減るわ、株価は下がるわのダブルパンチ。

人生のリスクを減らすために投資をしている私にとって、自社株を買うなんてありえない選択肢なのです。なので執拗に総務部から勧誘されても、のらりくらりと加入を免れております(笑)

 

ですが、自社が今後の50年間ずっと、素晴らしい業績を上げる会社だと知っていたならばどうでしょう?その場合は、自社株を買うのが最適解ですよね。確実に値上がりする商品を、特別価格で買えるわけですから。

 

従業員持株会の比率が高い会社=社員が自社の成長を信じてる優良企業?

で、タイトルに戻ります。

つまり、従業員が自社株を大量に保有している会社は、社員が自社の成長を信じている会社ということではないでしょうか?

自分たちのビジネスは優れている、そして今後もその素晴らしさを自らの手で維持していく、その決意が従業員持株会の比率の高さに現れているという考え方も出来ます。

 

 発行株式の8%を従業員持株会が所有している兼松エンジニアリング

兼松エンジニアリングと言う会社をご存知でしょうか?

高知県にある従業員数200名弱、売上90億円前後の中堅企業です。吸引作業車などの特殊車両の製造販売を得意としている、ニッチな技術を持った会社です。

兼松エンジニアリング株式会社

 

2016年6月に発表された有価証券報告書によると、兼松エンジニアリングの従業員持株会比率は、

 

f:id:yamashitagolden:20170304123000p:plain

 

http://www.kanematsu-eng.jp/ir/45-all.pdf

 驚異の8.48%。この数字はかなり高いです。

 

平成25年度従業員持株会状況調査結果の概要について

http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/examination/tvdivq0000001xhe-att/employee_2013.pdf

 

という上記の資料を見ると、

調査対象会社全体の時価総額(4兆951億円)に占める従業員持株会の株式保有金額の比率は、同0.09ポイント低下して1.01%となった。

平均値は1%程度のようです。兼松エンジニアリングの従業員持株会がいかに多いか、よくわかりますね。

 

株式を買う際に、従業員持株会の比率を指標として使うのは面白いかもしれません。社員が自社を信じている、というのは強みですから。

 

ですが、そうした会社の株価は社員が自ら買い支えているということは忘れてはいけません。厳しい市場投資家が付けた適正価格ではなく、自社の社員が毎月機械的に購入してくれることを織り込んだ割高な価格になっている恐れがあります。

あくまで指標の一つ、くらいの考えで、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

死海風呂でぷかぷかリラックスしようとしたら、筋トレしてた話【くつろぎの里 湯楽】

ぷかぷか浮くように暮らしたい、お風呂好きの山下湯金です。

 

皆さんは死海に行かれたことありますか?無いという前提で進めますね。

 

死海といえば、塩分濃度が濃くて、人間の体が浮いてしまうことで有名。ぷかぷか浮きながら読書したいけど、イスラエルまで行くのは流石に遠すぎるなーって、思っているでしょう。

 

ですが、実は大阪にも死海はあるのです。しかも、加温されている死海風呂。体をポカポカに温めながら、ぷかぷかと浮いてリラックスできる。そんな体験をするために、地下鉄四ツ橋線、北加賀屋駅から徒歩8分のスーパー銭湯「くつろぎの里 湯楽」

osaka.yuraku4126.com

に行ってきました。

 

塩分濃度15%!死海風呂へ浮きに行こう。

公式サイトより画像を引用します。

 

f:id:yamashitagolden:20170225172933j:plain

 

 はい、最高ですね、ぷかぷか浮きながら雑誌読んでます。(もちろん雑誌は浴室内に持ち込み禁止です。)

こちらのスーパー銭湯は男湯と女湯が毎日入れ変わっておりまして、男性は奇数日、女性は偶数日に、死海風呂がある「岩の湯」に入れます。そうじゃない時は「檜の湯」になって、死海風呂はありませんのでご注意ください。

 

私は男性なので、奇数日を狙って行ってきました。

外観はこんな感じ。源泉掛け流しを推してます。

f:id:yamashitagolden:20170225174752p:plain

大阪のスーパー銭湯にありがちな、1000m以上掘って無理やり湧き出させた温泉です。源泉温度26度なので、加温はしてますが、加水と消毒は無しなので、源泉掛けが流しとうたってます。ものすごい名前の湯ですが、成分薄めの単純温泉ですのであまり期待してはいけません。

f:id:yamashitagolden:20170225174802p:plain

 

私はここのクーポンを使って、500円で入浴してきました。受付で見せて、その場で500円を支払います。券売機で入浴券を定価で買うのは損ですね。

onsen.nifty.com

イオンクレジットカードの掲示で100円割引サービス(2017年の3月から)があったり、キャンペーン期間中に食堂で800円以上注文した人に平日無料クーポンや半額クーポンのつまった袋を配ってたり、割引に力を入れている施設です。お風呂的にはそこそこ充実しているので土日祝770円でもいいかなと思いますが、アクセスの悪さを考えると割引してでもお客さんにもっときて欲しいんだと思います。年がら年中、なんらかのクーポン出してます。

ちなみに、銭湯料金(440円)で入れるコースもあるのですが、サウナやシャンプーリンスの使用を禁止され、使っているのを見つかったら1000円の罰金を取られます。ロッカーも銭湯料金専用のところとなるので、鍵で判別されます。そしてやたらと店員がお風呂を巡回してますので、マジでばれると思います。

受付でやたらと「絶対にサウナやアメニティを使うなよ」と念を押されて不快な気分になるので、このコースはお勧めしません。割引使って、500~600円で入っちゃいましょう。

 

岩の湯の紹介

私はここに2回行ったことがあるのですが、いずれも死海風呂のある岩の湯でした。なのでここからの話は全て岩の湯に入っての感想となります。檜の湯はよくわかりません。

 

先ほど申し上げた通り、ここの温泉は、源泉温度は26度くらいしかありませんので加温してます。加水と循環はなしです。毎分400リットル以上湧き出ているので加水や循環をしなくても広いお風呂を維持できているようです。

内湯は源泉風呂と、ジェットバス付き寝湯、そして四段の階段を下るマッサージバスエリア(かなり広い)と水風呂とサウナ。

露天風呂には打たせ湯と壺湯があります。露天風呂は岩風呂が3エリアあるので、20人くらいいても狭く感じません。塩サウナと死海風呂もあります。

 

オススメは内湯のマッサージバス。かなり深いので、肩まできっちり使って、全身を水流でほぐすことができますよ。

露天風呂はかなり広いので、混雑することはありません。公式サイトより引用しますが、こんな感じの岩風呂です。

f:id:yamashitagolden:20170225172935j:plain

壷湯と打たせ湯は争奪戦になりがち。特に打たせ湯は、子供たちが手を合わせて修行していることが多いです(笑)湯楽は家族連れが多く、子供の数も多いですね。

f:id:yamashitagolden:20170225180641j:plain

 

ここの温泉の成分分析書は、脱衣所に小さく貼ってあるだけ。蒸発残留物は0.2〜0.3g/kgと激うす。ですが、硫化物系のいい香りはします。お湯は黄色がかった透明で、味は特になし。ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、メタ珪酸、などの温泉成分はかなり薄いのですが、鉄イオン0.5mg/kgとマンガンイオン0.2mg/kgは濃いめですね。そのおかげで、岩はいい感じに色づいてます。

匂い以外に、白湯と比べて素晴らしい点が特に無い泉質なので、温泉としての評価はイマイチ。ですがスーパー銭湯としてはかなり高レベルだと思います。充実した設備、男湯女湯の日替わりシステムは評価すべきです。クーポン使って500~600円で入れることを考慮すると、近くにあったら通いたいレベルと言ってもいいでしょう。

 

そして肝心の死海風呂。

ここは全く人気がありません。あれだけホームページで推してるのに、なぜか人がいないんです。1人か2人、ぷかぷか浮いてると思ったら3分くらいで出て行く。

死海風呂の横には浮き方ガイドみたいなのがあります。力を抜いて、両手を広げて、足で床を蹴って浮きましょう、ってことが書かれてます。じゃあ入浴して、そのとおりやってみますか!

※ここからは棒人間アートでお送りします。

とりあえず、頭をふちにのせて、床を蹴ると、

f:id:yamashitagolden:20170225182031p:plain

f:id:yamashitagolden:20170225182033p:plain

と、ここまではいいんですが、頭をふちから離すと、こんな感じで足がすぐに着きます。

f:id:yamashitagolden:20170225182036p:plain

じゃあ着かないようにするにはどうすればいいか、

f:id:yamashitagolden:20170225182039p:plain

答えは簡単。筋肉です。V字になって、腹筋に力を入れれば浮きます。(↑の絵はちょっと極端にV字にしてます。かるく腰を下げるだけでOK)

 

いかがでしょうか?死海風呂の攻略法を案内している温泉ブログはほとんどないと思いますよ。

このように、死海風呂はかなり疲れます。しかも塩分濃度は15パーセント。傷がわずかにでもあれば死ぬほど染みます。顔にかかって目に入れば普通に痛いです。髪の毛もギシギシ。長湯したい泉質ではありませんね。なんでみんなすぐに出ていくのかよくわかりました。

もちろん、塩分はアトピーとかには効果ありなので、そういう療養に使うのはありかもしれません。普通に座って入れば体は浮かないので、のんびり入ることも可能ですよ。

 

私が筋肉質な男だから、浮きにくいのかもしれません。私は2回行って、2回とも筋肉を使う浮き方しかできませんでした。脂肪が多めな人は意外と浮くのかも。気になる方は、是非浮きに行きましょう!

 

最後に、湯楽の休憩スペースとロビーを紹介しておきます。再入浴可のスーパー銭湯なので、入浴後に本を読んだりご飯を食べたりしてまったりした後、もう一度入浴してから帰ることもできます。

 

 

寝ころび処

f:id:yamashitagolden:20170225174811p:plain

人を駄目にするクッションと、有料マッサージチェアがあります。雑誌と週刊少年ジャンプもありますよ。WiFiサービスもやってますが、パスワードなしのフリーWiFiなのでセキュリティ面に注意です。

 

ロビー

ロビーには漫画コーナーあります。

f:id:yamashitagolden:20170225182902p:plain

f:id:yamashitagolden:20170225182909p:plain

1000〜1500冊くらいですね。

ヒカルの碁

コナン

キングダム

火ノ丸相撲

君に届け

NANA

こち亀

ワンピース

ナルト

ヒストリエ

テルマエロマエ

ドラえもん

ケロロ軍曹

七つの大罪

黒子のバスケ

亜人

ろくでなしブルース

カバチタレ、特上カバチ、カバチ

ジパング

あたりの漫画が置いてます。品ぞろえは微妙ですが、最新刊までそろってますので、ここに読みたい本があるなら、通うのもありですよ。

 

死海風呂という他にはないレジャーがある、スーパー銭湯「くつろぎの里 湯楽」

osaka.yuraku4126.com

興味を持った人は是非行ってみてくださいませ。

 

ちなみに、死海風呂はマジでレアです。

和歌山のユーバスは期間限定でたまにやってますが、ずっとやっているのは関西では湯楽だけです。

 

福島県まで行けばあります。

www.hananoyu.ne.jp

千葉の旅館にもあります。

露天風呂 死海風呂 割烹旅館 清都

 

大阪市西成区の銭湯、「和光浴場」にも死海風呂と名乗る風呂があるのですが、これは死海の塩を少量入れただけの風呂で、死海の塩分濃度を再現できてません。詳しくはこちらの記事参照。

 

golden-yamashita.hatenablog.com

 

お風呂好きなら、是非一度は死海風呂を体験してみてください!!